看護の基本となるもの ヴァージニアヘンダーソン著 基本的看護14項目の要約

このレポートでは下記の14項目についての要約が記されています。

1.患者の呼吸を助ける
2.患者の飲食を助ける
3.患者の排泄を助ける
4.歩行時および座位、臥位に際して患者が望ましい姿勢を保持するように助ける。また、
5.患者の休息と睡眠を助ける
6.患者が衣類を選択枝、着たり脱いだりするのを助ける
7.患者が体温を正常範囲内に保つのを助ける
8.患者が身体を清潔に保ち、身だしなみよく、また皮膚を保護するのを助ける。
9.患者が環境の危険を避けるのを助ける。また感染や暴力など、特定の患者がもたらす
10.患者が他者に意思を伝達し、自分の意思や気持ちを表現するのを助ける
11.患者が自分の信仰を実践する、あるいは善意の考え方に従って行動するのを助ける
12.患者の生産的な活動あるいは職業を助ける
13.患者のレクレーション活動を助ける
14.患者が学習するのを助ける

資料の原本内容


看護の基本となるもの(ヴァージニアヘンダーソン著) 第4章 基本的看護の構成要素の要約
1.患者の呼吸を助ける
看護師は望みうる最善の胸郭拡張とすべての呼吸筋の自在な活用とを促すような立位、座位、臥位を患者に実演してみせ、その効果について説明しなければならない。
病院はガス類の管理を監督する専門家を持つべきである
全ての看護師が人工呼吸をできねばならず、またその救急法と同時に心肺蘇生術を行えねばならない
看護師は呼吸機械を操作できねばならない。その呼吸機械の構造、および操作の原理を患者に教えることもできねばならない
看護師は保健医療従事者として、汚染を制御するプログラムに参加し、時にはそれを主導しなければならない。
看護師は環境の温度、相対湿度、不愉快な臭気を含め、空気中の刺激性物質の存在に絶えず注意を払うべきである。
2.患者の飲食を助ける
看護師は身長、体重の標準について必要栄養素量や食品の選択と調理について助言できなければならない。
医師の食餌“指示”を有資格者の病院栄養士や調理士に伝達するのは看護師の責任である。
看護師は他のどの職種よりも患者のそばにいる時間が長いから、患者の...............


  • 最終更新:2014-09-30 14:52:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード